essay

SNS essay

SNS

優しくて丁寧で心が澄んでいて素敵な人を見失い、おしゃれに加工した、嘘と薄い感情のフィルターを通したものを探す。 こんなに時間を使ってしまった 心…
26歳から27歳 essay

26歳から27歳

26歳の私誰かのために必死になってしがみついて、ぼろぼろになってそんな1年 地底深くまで降りていって過去を少しずつ思いだし、書き出す。ようやく気づ…
10月、11月、12月 essay

10月、11月、12月

仕事をやめて絶望し、寝込み少しずつアルバイトを始めて2ヶ月目徐々に前の会社のことを冷静に思えるようになってきた。 私は彼に対して私はあなたよりこ…
思えば10月 essay

思えば10月

10月のはじめから会社に行けなくなって有給休暇の関係10月10日付けて退職で そこから2週間実家に帰って 今は細々とアルバイトをしている。 思ったより、…
期待感を裏切られる感覚 essay

期待感を裏切られる感覚

私は期待を大きく持って、裏切られることが何度かあった。そういうのは大学生のときから。そして、全部が異性に対して。 ヘアカラー新しくしなくちゃ手…
そういう人たち essay

そういう人たち

自分が入るべき枠ってどこなのだろう。 みんな一斉に肥溜めから噴出する寄生虫のように東へ西へ行く朝も、夜も。住宅もあるけれど、見上げると煌々と照…
2019/10/31 essay

2019/10/31

心の機微が分かる。 私は定期的に短期的なアルバイトを行っている。大体会社を辞めて数週間後から1ヶ月くらい。 こういう場所は技術的な面で無理なく労…
粉を振いながら思う。 essay

粉を振いながら思う。

私は人に好かれようと生きてきているな、と 久しぶりと言っていいくらいに向き合って話す他人と話したけれど その人の感情、私の声色によって感じる相手…
せっかくだから essay

せっかくだから

ちょっとしたときに、言いたくなる。 だいたいは、食べ物に関してだったりする。 遠くまで足を運んだ時、元気づけたいとき、 誰かといるとき。 いつもは…
2019/10/29 essay

2019/10/29

明日から少しだけ外に出て働くことにした。 時間を無為に使っていたけれど 少しでもお金につながるのなら、それがリハビリになるのかなと思った。 youtu…