essay

甘えと気力 essay

甘えと気力

今日は少しだけ元気だった どうしてか お昼上司と御飯に行けたし 分からないところを潰せたから。 先の見えないものほど不安で 逃げたくなるものってな…
can’t take my eyes off you essay

can’t take my eyes off you

今日は天気がいい。少しのふわりとした風とぽかぽかした日射し。それに土曜日 東京駅は旅行かお出かけか人々が行き交う 少しだけ不安が小さくなっている…
頭が痛い essay

頭が痛い

現実を受け止めたくなくて歯車を進めたくなくて目を閉じる。 もうとっくに充分すぎるくらい眠ったのに体はすっかり回復した筈なのに 恋人が夜勤で、今日…
休んで思うこと essay

休んで思うこと

変わらない日常がそこにあってせかせかとみんな動いてチームプレーを発揮してる。休むことで人への撥水性がさらに高まり人への拒絶と居心地の悪さをより…
新橋 essay

新橋

新橋の乗り換えは本当に憂鬱だ。会社に向かうために、乗り換えで新橋を利用している。他の乗り換え手段もあったけれど新橋乗り換えが一番安くて交通費が…
言葉のバネ essay

言葉のバネ

言葉には、ビヨンと飛ばしてくれるようなリズムがある気がする。 リズムに乗るとうまくバネを使ってヒョイヒョイ進めて リズムが取れなくなっちゃうとバ…
きっとそれはお金だよ essay

きっとそれはお金だよ

私は、嫌だと思っても断るのが苦手です。また、いや、違うと思ってもん、と飲み込んでしまうところがあります。 辞めるぞと、毎日思い続けたら本当にや…