2019/12/10

恋人のコートを羽織って

これ、ポール・スミスなんです。
買ったんです。

「もう、また買ったんですか?」
苦笑する上司

私は彼に少し背伸びして
変わった姿を見せたいのだ。

全てを叶えてくれる人はいない。
この人には、癒し、この人には楽しさ。
そうやって使い分けていけば割りきれて
良い関係を築ける
そう、誰かが言っていた。

次の仕事何が良いかな
私は元気になりました

そんな感じの2時間だった
帰る頃には、少し心が軽やかな気がした。

そうか、何か求めすぎていたから
帰るたびに締め付けられる苦しみがあったのかもしれない

でも、ふと、
なんだか疲れたなぁって

そして私はどんな仕事ができるのだろうって。
考えていたけれど
どれも違っていて
「8時間」という壁、
新しいことをやっていく勇気、
がんばって勉強していく気持ち。
そんなものすべてが被さって

何かができる気がしなかった

Itをかじっていたから
やっぱりパソコンに触れる仕事が良いのかもしれない。
あ、でも、パソコンの仕事で
人間関係に疲れたのだった。

きっと何度も失敗をして
選択が怖くなってきたのかもしれない。

あなたもブログを書いてみませんか?
>>Related Articles<<
>>関連記事<<

  • HSPライター mana
  • ◆東京の東側在住で、趣味でライターをしています。

    ◆HSPでINFP型の社会に適応しにくいと言われるタイプ。いつも会社を辞めたがる。
    心のわだかまりや悩みを常に抱えていて、同じような苦しみを持った人も、そうでない人とも交流できたらなと思っています。

    ◆サイトについて
    エッセイや、写真を多く載せています。

    仕事や文化、お金について興味があるので、
    そういった情報も発信していく予定です。

    ◆私がこのサイトを作成する際に使用しているサーバーは以下です
    >>coreserver<<
    分からないことがございましたら、私の出来る範囲でお手伝いいたします。
    その際は、お問い合わせフォームへご連絡ください。