仕事と私

仕事が決まると社会にピン止めされたような気分になって

仕事をやめると、死にたいな。と思うようになる

オーバードーズの人も、自殺した人も
同じ生き物のように感じる

アルバイトをしている身分は気がとても楽。
これはいつまでも続かないということと
また、組織に入らないといけないのだろうか
ということなどを電車の中で考える。

きっとどこかには受かるし入れるのは分かっている。

でも、もう苦しみたくない。

だから、止まったままでいる。

止まっている自分がいることは
社会から見たら弱くて
電車や駅のなかでぶつかりながら強く歩く人に
攻撃されているような気分になって.

コンサルタントのそばで仕事をしてみたり
SEを演じてみたり
出来るだけ可能性を伸ばせるような場所に向かった3年
自信をなくすと、そういうことがもう出来ないんじゃないかって思ってしまう

あなたもブログを書いてみませんか?
>>Related Articles<<
>>関連記事<<

  • HSPライター mana
  • ◆東京の東側在住で、趣味でライターをしています。

    ◆HSPでINFP型の社会に適応しにくいと言われるタイプ。いつも会社を辞めたがる。
    心のわだかまりや悩みを常に抱えていて、同じような苦しみを持った人も、そうでない人とも交流できたらなと思っています。

    ◆サイトについて
    エッセイや、写真を多く載せています。

    仕事や文化、お金について興味があるので、
    そういった情報も発信していく予定です。

    ◆私がこのサイトを作成する際に使用しているサーバーは以下です
    >>coreserver<<
    分からないことがございましたら、私の出来る範囲でお手伝いいたします。
    その際は、お問い合わせフォームへご連絡ください。