2019/10/31

心の機微が分かる。

私は定期的に短期的なアルバイトを行っている。
大体会社を辞めて数週間後から1ヶ月くらい。

こういう場所は
技術的な面で無理なく労働が出来るのと、お金がもらえるから心に余裕を持ちながら色々なことを考えられる。

そして今、私はそういう場所で色々なことを考えている。

まず、こういう場所にいる場合
プライドが高そうに見えたり
見下すような態度はよろしくないなと学んだ。

出来るけれど余裕ぶって優しさぶる感覚は
なかなか恍惚としたものがある

でも、組織において少し上にいるのだと言う感覚がある程度あった方が
心の余裕があるのは感じた

とはいえ

手のひらに収まるくらいの自信がちょうど良くて。

私はもっと出来るんだ!と意気込んでみたり
良く見せようとしたりするのは疲れてしまうんだな。とこの1ヶ月で知った。

謙虚さは持たないといけない。
でも、ほどほどに自信を持つことは
先に進むときの足がかかりになるから
それは利用した方がいいなと思う。

自信って、人の間で生まれるものな気がした。
人と付き合うことにストレスを感じてしまうから余計にそう感じるのかもしれない。

少し聞きづらい時があったけれど
あまり不安にならなかった。

それは、みんなちょっとしたことでも聞いていたし、みんな困っていたから。
なんていうか、焦らなくても良いじゃない。という気持ちになった。

ちょっとした質疑応答
頭のなかでふっと思って消えたような事もみんなが聞いてくれる。
たくさん聞いている環境は
質問を受ける側のハードルも下がるし、ありがたい。
でももしかしたら立場的な問題もあるかもしれない。

同じ組織の社員同士なら成長のためとか言ってあえてほっとく場合もあるかもしれない。

でも派遣だったらある意味お客さんのような扱いを受ける。
間にさまざまな会社を介在しているし、短い付き合いだから、なおざりにしては信用だけが失われてしまう。

人の優しさの原因まで考えてしまうのだった。

そんな1日

あなたもブログを書いてみませんか?
>>Related Articles<<
>>関連記事<<

  • HSPライター mana
  • ◆東京の東側在住で、趣味でライターをしています。

    ◆HSPでINFP型の社会に適応しにくいと言われるタイプ。いつも会社を辞めたがる。
    心のわだかまりや悩みを常に抱えていて、同じような苦しみを持った人も、そうでない人とも交流できたらなと思っています。

    ◆サイトについて
    エッセイや、写真を多く載せています。

    仕事や文化、お金について興味があるので、
    そういった情報も発信していく予定です。

    ◆私がこのサイトを作成する際に使用しているサーバーは以下です
    >>coreserver<<
    分からないことがございましたら、私の出来る範囲でお手伝いいたします。
    その際は、お問い合わせフォームへご連絡ください。