うつ病を改善するためにするべき7つの心構え

うつ病が改善し始めるには時間がかかる。その間、心の健康が回復するまでに注意しなければならない心構えがある。

「自分を責めない」

うつ病では過度に自分を責める罪業妄想が起こるが、自分を責めない。

「治療計画には慎重に従う」

医師の診断を信じて従う
マイナス思考は意識して避け、落ち込まないように努める。

「重要な判断は行わない」

うつ病では、自分の能力に自信が持てず、希望が見えないことが多いから重要な判断は行わないようにする。

「生活をシンプルにする」

必要最低限の責任も回避して、療養、休息を最優先させ、生活をシンプルにする。

「活動に参加する」

自分の役割を認識できる疲れない程度の社会参加を行う。

「小さな進歩を認識する」

ほんの少しの明るさ、感動などごく小さな進歩でもそれを認識するようにする。

あなたもブログを書いてみませんか?
>>Related Articles<<
>>関連記事<<

  • HSPライター mana
  • ◆東京の東側在住で、趣味でライターをしています。

    ◆HSPでINFP型の社会に適応しにくいと言われるタイプ。いつも会社を辞めたがる。
    心のわだかまりや悩みを常に抱えていて、同じような苦しみを持った人も、そうでない人とも交流できたらなと思っています。

    ◆サイトについて
    エッセイや、写真を多く載せています。

    仕事や文化、お金について興味があるので、
    そういった情報も発信していく予定です。

    ◆私がこのサイトを作成する際に使用しているサーバーは以下です
    >>coreserver<<
    分からないことがございましたら、私の出来る範囲でお手伝いいたします。
    その際は、お問い合わせフォームへご連絡ください。