死にたいと思う私へ

私は、この世から消えてしまいたい
と思っています。

芸能人で、若くして死んでいる人を見ると
「どうして死んでしまったの」
「選択肢はあったんじゃない」
と考えを張り巡らせます。

そして
若くして死んだ人は
美しさを残しています。

三島由紀夫の「金閣寺」を思い出します。

大学の時
ホスピスでボランティアをしました。
ホスピスを選んだのは、私にとって、死は身近だったからです。
ホスピスの患者さんは優しい目をしていました。
現世の欲望から解き放たれた様で私の姿、会話を優しい目で聞いてくれていました。

将来どんなことをしたいの?

はい、福祉の学校に通っているので
福祉職に興味があります。と。

そう、がんばってね。
生に対してのエールの様なものでした。

今でも、死ぬことを考えると
その時の光景が浮かびます。

私は消えてしまいたい。と思っています。

「今」に囚われているからです。
私が一時的に変えることが出来るのは
今の会社かもしれません。

あ、-さん、死んじゃったんだ。
どうしてあげたら良かっただろう。

今まで出会った人が、少し考えたり
思う分だけ、その人は誰かに優しくなる気がします

一番影を背負うのは、私の上司かもしれません。
一番気に掛けてくれたから。
私が「死にたい」と言った人だから
諦めないで私を置いた人だから。

私は、きっと「今」に囚われている
だから、苦しいんだ。

今の仕事のこと、これからのこと、もっと未来のこと
全てのことに自信がなく、もう生きる意味がないんじゃないかと思ってます。

実家に帰る選択肢もあるかもしれません。
でもそれは過去への回帰であって、
仕事もないので望んでいない未来です。

誰に相談すれば良いかも分かりません。

死ぬしかないのだと思います

あなたもブログ書いてみませんか?
>>Related Articles<<
>>関連記事<<

  • HSPライター mana
  • ◆東京の東側在住で、趣味でライターをしています。

    ◆HSPでINFP型の社会に適応しにくいと言われるタイプ。いつも会社を辞めたがる。
    心のわだかまりや悩みを常に抱えていて、同じような苦しみを持った人も、そうでない人とも交流できたらなと思っています。

    ◆サイトについて
    エッセイや、写真を多く載せています。

    仕事や文化、お金について興味があるので、
    そういった情報も発信していく予定です。

    ◆私がこのサイトを作成する際に使用しているサーバーは以下です
    >>coreserver<<
    分からないことがございましたら、私の出来る範囲でお手伝いいたします。
    その際は、お問い合わせフォームへご連絡ください。